Archive
RSS Link Headline
    人間関係   シチュエーション別『雑談力』を高める方法

シチュエーション別『雑談力』を高める方法


シチュエーション別『雑談力』を高める方法

環境の変化で新しい人間関係が生まれることが多い時期、
出会った人と何を話したらいいか分からない、とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
いざという時に困らないよう、初対面の人とどんな話をすればいいのか、あらかじめ備えておくと
うまくコミュニケーションがとれるかもしれません。
というわけで、それぞれのシチュエーションで参考になる記事を紹介いたします。

誰とでもすぐに仲良くなれる人って羨ましいですよね。

「雑談力」でコミュニケーションを円滑に!会話例をシチュエーション別に公開

■ビジネスシーンに使える!
例えば上司なら「明るいあいさつに続けて、相手への関心を感じさせる一言を。ただし、質問が『どちらに行かれるんですか?』など尋問になるとストレスを感じさせてしまうので注意」(三枝さん)

同僚が身近な人の悪口を言い始めたら?「相手が女性だと、特に共感を求められがち。問題解決のために正論をぶつけると反感の種に」(黒川さん)

「一度受け止めて、別の視点に向ける」(三枝さん)ことを心がけて。

■恋愛に使える!
恋愛に発展するかも? と思うと、慎重になったり緊張しすぎてしまう人も多いはず。「今日しか会えないかもしれないと考えれば、恥ずかしがっているのがもったいなく感じますよ」(入江さん)

合コンなどの初対面の場なら、「まずは見た目や味など、五感で感じられるポジティブな話題がスマート。あとは、相手が得意だろうなと思うことを質問してあげると◎」(三枝さん)

では、デートのときの話題は? 「男性脳は、自分に関する質問にはストレスがあります。目の前のグラスや野球選手の話など、主に第三の対象物に振るのが得策」(黒川さん)。

■女友達に使える!
「似ていること」に安心感を覚えるのが女性同士。共通点がわからないと、とまどうもの。「とりとめない話をずっとしていられる女性脳ですが、基本、相手の話に共感してあげないと苦しくなるはず。最初は相手の言葉を反復するだけでも有効です」(黒川さん)

「その場にいない人のウワサ話より、目の前にいる人との共通点をいくつ見つけられるかが大事」(入江さん)

「自分語りは控えて、相手のことを聞いてねぎらう。初対面でも3つくらいはよいことがあるはず。ほめる際は、共通の知人に聞いたと伝えると、ワザとらしくなりません」(三枝さん)

「雑談」に関連するツイート

No Comments - Leave a comment

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

twitter rss
Source: