Archive
RSS Link Headline
    生活習慣   原因と対策を知って口内炎の悩みを解消

原因と対策を知って口内炎の悩みを解消


原因と対策を知って口内炎の悩みを解消

できてしまうと痛くて鬱陶しい口内炎。
なかなか治らず不快な思いをされている方も多いのではないでしょうか。
原因はストレスや栄養不足など、様々かと思いますが、
予防のためには日頃どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?
また出来てしまったら極力早めに治したいですよね。
そんなわけで口内炎の原因と改善策についての記事を紹介いたします。
やはりストレスは大敵のようですね。
キスも出来なくなっちゃう!「ズボラ生活」こそ痛~い口内炎の温床と判明

■「やらなきゃいけないことを放置する」のはストレスにつながる
「つい面倒でメイクを落とさず寝てしまい、翌朝顔が乾燥すると、すごく後悔する。(27歳・事務)」、「忙しいと部屋が荒れて、心まで荒れる悪循環に。(36歳・研究)」、
「家事が後回しになってたまると、ストレスになる。(28歳・公務員)」など、“放置系”への自己嫌悪の声は他人事ではありません。
こういった自己嫌悪は結局ストレスとなって自分の元に返って来てしまいますし、第一三共ヘルスケア株式会社の調べによると、
20〜30代の女性500人に対して口内炎の原因として考えられる理由を質問したところ、46%の人の「口の中を噛んでしまった」という1位の回答に次いで、
僅差の45%もの人が「ストレス」を挙げたのだとか。

■口内炎はキスにも影響!
また同調査によると、口内炎が出来てしまうと「口の中の違和感が強い」(84%)、「なんとなく不快な気分が続く」(82%)といった、
口内炎が更にストレスを招くという悪循環が生まれやすい上に、約4割の女性は「パートナーとキスをするのが嫌になる」と回答したことが明らかに。

■口内炎が出来た時のケア方法3つ

(1)うがいを頻繁にすること
口内炎が出来た場合、長引かせることなく素早く治すための基本は口の中を清潔に保つこと。
口内炎を悪化させないためにも細菌の増殖を防ぐことが第一です。特にうがいはしてもし過ぎになることはないので、口内炎が出来てしまった場合はこまめにうがいをするようにしましょう。

(2)パッチなどを貼って傷口を守ろう
口内炎用のパッチを貼ることで薬の効能により治りが早くなるのはもちろんですが、刺激物や細菌から傷口を守る役目もあります。
もしもパッチが無い場合は、刺激物を食べることを控えるだけでも傷口を守ることが出来ます。

(3)粘膜を修復するようにつとめるのも大事
口内炎が痛くて食事が億劫な気持ちもありますが、口内炎が出来てしまった場合こそ、たんぱく質などの栄養素を摂取するのが重要です。
中でも『ビタミンB2』は粘膜の修復作用がありますし、ビタミンCは細菌に対する抵抗力を高めてくれるので積極的に摂るようにしましょう。
どうしても食べるのが辛い場合にはサプリンメントなどを利用しても良いでしょう。

(詳細はこちら)
http://lbr-japan.com/2014/03/14/39607/
「口内炎」に関連するツイート

No Comments - Leave a comment

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

twitter rss
Source: