Archive
RSS Link Headline
    スキンケア   美容の大敵、「紫外線」が及ぼす悪影響!

美容の大敵、「紫外線」が及ぼす悪影響!


美容の大敵、「紫外線」の及ぼす悪影響!

本格的に紫外線対策が必要な季節になってきましたね。
肌の健康を保つためには、一年中紫外線対策が必要とも言われていますが、具体的に紫外線が肌にどのような悪影響を与えるのでしょうか。
美肌の大敵である紫外線の影響を押さえて、油断せずに夏を乗り切りましょう。
結局どう肌に悪いの!? 「UVケアしたくてたまらなくなっちゃう」紫外線のこわ~い話3つ

■紫外線の悪影響1:ゴワつきやキメの乱れた肌に

肌が紫外線を受けると、私たちの体は紫外線からお肌を守ろうと防御反応が起こります。
これは光老化を引き起こすのですが、たとえば肌がゴワついたり、キメが乱れたり、角質層の厚みにバラつきが出て肌がデコボコになってしまったりといった、肌コンディションが優れない状態は紫外線を受けたことによる光老化が原因なのです。

■紫外線の悪影響2:シミや肌色が変化

本来私たちは紫外線を浴びてもターンオーバーによって角質細胞と共にメラミンが剥がれ落ち、元々の肌の色に戻るようになっています。
しかしながら、長期期間に渡って紫外線を浴び続けることで、肌の細胞が傷ついてしまい、メラニン色素が増え続けたり、メラニンの排泄が上手くいかなくなるといった、言わば紫外線処理のエラー状態のようになってしまい、肌の色が黒くなったまま元に戻らない部分が出て来てしまいます。紫外線が理由となるシミはこのような理由で発生するのです。

■紫外線の悪影響3:シワっぽい肌に

もともと私たちの肌の真皮では、コラーゲンの線維がピンと張られている状態で、弾力を保っています。
しかし、紫外線に当たり続けることによって、真皮のコラーゲン線維が切れてしまったり、緩んだりといった乱れを起こすことによって、顔にシワが出来たり、たるんでしまったりするのです。

(詳細はこちら)
http://lbr-japan.com/2014/05/17/43973/
「紫外線対策」に関連するツイート

♪女性ホルモン全開♪
@renai_master3
♡日差しが眩しい季節に気をつけたい紫外線♡

紫外線対策には欠かせない日傘ですが、
日傘だけでは『照り返し』による紫外線は防ぐことができません。

アスファルトで10%
砂浜では25%
もの紫外線が反射しています!

日焼け止めクリームをこまめに塗り替えるなどの対策をしましょう♡

女の内側を磨くメンタル美容☆
@mental_josi
紫外線は 通年の紫外線の9割を占め肌の真皮まで届くUVAと 夏に照射しシミやソバカスの原因になるUVBの2種類がある UVAを防ぐものがPA、UVBを防ぐのがSPFだ 肌に負担をかけぬよう早めに対策をしておけ…日焼け止めは肌にムラなくのばし2、3時間おきに塗り直して使うことだ
yoshie
@yoshie30782309
しみは毎日のお手入れで少しずつ薄くすることは可能です。 根気よくケアし続ければ、少しずつ薄くなっていきます。 いちばん大切なことは、化粧水でたっぷりと肌を保湿してあげること、しっかりと紫外線対策をしてこれ以上しみを作らないことです
ムリなく痩せる方法♡
@marikodokoitta
保湿力がある健康な肌はニキビが出来にくいです。そしてニキビ跡の改善も早くなります。3月から紫外線が増えてきます。紫外線を浴びると活性酸素が増えて肌荒れしやすくニキビが出来やすいので紫外線対策をしっかりしましょう。
女子力up☆情報館
@Girlsup_info
【紫外線対策!】
日焼け止めクリームは出かける直前に塗るのではなく、10分以上前に塗って肌に馴染ませる事をお勧めします。また、2時間の間隔で塗るといいみたいですよ。
美白まとめ
@bihaku_bot
毛穴ケアで一番大切なことは保湿。過剰な皮脂をキレイにすることも大切だが、加齢による肌弾力の減少やケア不足による肌の乾燥が毛穴の開きの原因なので乾燥対策&保湿ケアがとても大事。保湿効果の高いアイテムを使ったり紫外線対策をしっかりして肌の乾燥を防ぐ。
メイクの裏技
@make_hair_
紫外線の悪影響♡

・肌のゴワつきやキメが乱れた肌になる
・シミや肌色が変化
・シワっぽい肌になる

老けたお肌になるよ。
紫外線対策に力をいれてね。

メイクの裏技♡
@make_ura
生理前の紫外線に注意♡

生理の1週間前は黄体ホルモンの影響を強く受けて、肌バリアを低下させたり皮脂分泌を促したり、肌が荒れるよ。
この時不安定な肌を守るためにメラニン色素が増えるんだって。

いつもより入念なUV対策をしてね♡

美美美!女子力アップ!
@ayu_for_diet
【日焼けを防ぐ食べ物一覧】

・トマト

・さつまいも

・ブロッコリー

・鮭

・イワシ

・ザクロ

・アーモンド

・チョコレート

・フラックスシード

日焼け止めに加え体内から紫外線対策をすることが美白の肌をつくります♪
日焼け後はビタミン補給を忘れずに!

美肌になれるbot
@bihada_bot_
紫外線は肌に有害なので浴びないほうがいいですが1日10分くらいは浴びたほうが骨にはいいです。でも長時間外にいる場合は紫外線対策をしましょう。帽子や日傘がいいです。UVカット化粧品はシミは少し防げても肌の老化を進める有害物質が多いので無添加のものを選びましょう。
No Comments - Leave a comment

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

twitter rss
Source: